勝浦なう

素晴らしい江戸彫刻社殿

2013-07-04

勝浦市大楠地区を散策していると、田園風景の中に素晴らしい江戸彫刻の

社殿をもつ「大楠菅原神社」があらわれます。

この神社は1615年、当区の向小羽戸天神塚より移転建立されたそうです。

その後何度か被災し、現在の社殿は1849年に新築再興され、1938年に

一部改修と同時に瓦葺きとなり今に至るそうです。

江戸時代の彫刻家の刻銘が確認されている社殿と、圧倒される杉の巨木が

出迎えてくれる大楠菅原神社をぜひ訪れてみては!  地図








 

 

 

カテゴリ

掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの権利はサムライディレクションズ、ビーチファン及び協力団体に帰属しますので、無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright(c) Samurai directions. All Rights Reserved.