勝浦なう

400年の歴史

2012-08-13

本日、勝浦ビーチエリアは晴れ、南風が多少強いですけど、各海水浴場はこの夏一番の

人で賑わっています。

朝市も観光シーズンとあって、大勢の人が訪れています。勝浦市の朝市は400年の

歴史があり、石川県の輪島、岐阜県の高山と共に日本三大朝市として有名です。

のどかな田舎の朝市には、新鮮なお魚やお野菜、小物や竹細工などの民芸品などが売られ

ています。時々カブトムシやクワガタも販売されているそうです。

やっぱり、旅行や買い物で気になるのはお手洗ですが、下本町朝市通りには、港から

向かうと、「メガネのイシイ」様から徒歩80mほどの右側、仲本町朝市通りですと、

「京葉銀行」様から遠見岬神社の鳥居を観てすぐ左側、駐車場の隣にありますよ。

開催時間:6時頃から11時頃まで  定休日:毎週水曜日、1月1日

開催場所が半月に一度変わりますので、こちらでご確認ください:

勝浦市観光商工課観光商工係 Tel:0470-73-6641

HP:http://www.city.katsuura.chiba.jp/asaichi/02.html

 

 

カテゴリ

掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの権利はサムライディレクションズ、ビーチファン及び協力団体に帰属しますので、無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright(c) Samurai directions. All Rights Reserved.